あんまり気にしないでください

あんまり気にしないでください

テレビ番組『初耳学』への違和感

日曜日22時〜TBS系列で放送されてる『初耳学』という番組、林先生の意見が興味深いから結構楽しみにしている番組なのだが番組のコンセプトに違和感を感じた。
あの番組は普通の人が知らないような豆知識や雑学を林先生にぶつけてそれを林先生が「知ってた」か「初耳」と答えるのがコンセプトとなっている。

林先生が「知ってた」と答えたら「おぉ、スゴイ、さすがだ」となるし、一方で「初耳」と答えたら「さすがに林先生でもコレは知らないのか」とな……るのならよいのだが、それ以上に知らなかった林先生に対してマウントをとって叩くという構図が私には見える。これが私にとってとてもとても不快である。

林先生の知識はすごいし、感心させられることも多い。(私は決して林先生の信者ではない。)隙のない林先生に対して重箱の隅をつついたような誰も知らない知識をぶつけて「初耳」と答えさせて無理矢理隙を作り、ひな壇に座っている人たちはご満悦。彼らは時には林先生に向かって批難をする。(ひな壇の人たちがその知識を知っているわけではない。)
これはテレビの演出なのだろうが、私はどうしても「情けないなぁ、この人たち。雲の上の人たちを無理矢理地上に落として袋叩きにするなんて」と思ってしまう。
うろ覚えなので間違ってる可能性もあるのだが、鉄道ファンが林先生に対してとある電車の写真を見せて「この写真で不適切な所を答えよ」と問うた回。この回はヒドかった。その答えは電車の窓が違う車両のものだった、とかそんな類のもの、だった気がする。出題した鉄道ファン君たちよ、博学な林先生だけど、そんなコマっけえこと答えられると思うか?そんなことで林先生に勝って嬉しいのか?小せえよ! と思わずにはいられなかった。

知らないのは悪いことではないのにそれを責め立てているようでこの回は特に不快だった。



ここで1つ発見をした。


林先生が「知ってた」と答えるたびに林先生の株が上がり、「初耳」と答えるたびにひな壇の人たちの株が落ちる。





ん…?コレは絶対的、相対的の違いはあれど、林先生が「知ってた」と答えても「初耳」と答えても林先生の株が上がる仕組み…?






もしかしてあの番組は林先生が自分の株を確実に上げるために仕組んだワナなのかもしれない。「林先生の林先生による林先生のための番組」。
さすが林先生、策士だ。





知らんけど。

「面白い」について

「面白いね」と言われることがある。もちろん嬉しい。とても嬉しい。
そういえば先輩が「面白いって言われることがどんな褒め言葉より嬉しい」と言った。確かにその通りだと思った。これが三枚目の末路である。
褒められると嬉しいし、ならもっと面白くなってやろうと思ったのでコレを書いてみることにした。

只今給料発生中。

私的には単に「面白い」と言っても様々な種類があるように思えて、おそらく他の方もそう思っているはずである。例えば芸人で言うなら「ナイツ」は言葉遊びが秀逸で「ハリウッドザコシショウ」は奇想天外で面白く、「いっこく堂」や「もりやすバンバンビガロ」は常人ではできないテクニックを披露し、我々はそれに対して面白いと感じるはずだ。(私はハリウッドザコシショウは面白いと思わないが)

長々と具体例を書いたがつまるところ、「面白い」の定義は曖昧である。なんなら声が大きければそれだけで面白い。しかし、私の思う「最高の面白さ」はさまぁ〜ず大竹一樹が持っている。そう、シュールさである。今はなき番組「リンカーン」で彼の面白さは遺憾無く発揮されていた。「リンカーン」で放送された「激論!朝までそれ正解!」というコーナーは是非見て欲しい。
浪人をすると人はみな「激論!朝までそれ正解!」にハマってしまうとかしまわないとか。

普段はあまり口を開かないが、口を開いた時は決まって爆笑を起こす。斜め上のワードセンスを持っていてハイレベルな笑いを届ける。それが大竹一樹

憧れます。ああいう人になりたいです。



え?お前にシュールな面白さはムリ?



1つ言わせてもらう。




なんでそんなことユーラシア?

天動説人間西野カナ

はてなブログにメールで急かされたので適当に書きます(1ヶ月更新してませんねぇ?書きましょうよぉ?みたいな感じのメールがきた)

 

彼女が歌っている姿をみんな一度は観たことあるだろう

そして曲も耳にしたことがあるだろう

「等身大の女子の姿(?)にスポットライトを当てた歌詞を書いている」とされる彼女の歌詞は人気があるらしいですね

 

そんな彼女の歌詞が今回のテーマです

 

注意

  • そして以降偏見がかなりあるのでそれが嫌な方は今のうちにこのページを閉じてくださいね
  • 続けて見てくれる人も「あ、こんな考えなんだな」くらいで読んでください

 

 

 

まずタイトルの天動説人間とは何か

天動説はご存知の通り地球が太陽系の中心であり太陽は地球の外を回っているという過去に信じられていた説

周知の通りコペルニクスによって否定されました

 

 

つまり、まるで自分が世界の中心で周りが自分に合わせてくれるだろうという歌詞の内容のことをタイトルのように呼びました

 

「機嫌悪いから放っておいてくれ、でも放っておきすぎてくれるな」なんてことを他者に求めるなんてまともな道徳教育を受けてないんじゃないかと

お前は女王様かと

 

会いたくて震えてるくらいならいいと思うんですけどね、他者に迷惑をかけてるわけじゃないし

しかし、誰がお前の機嫌を伺って行動しないといけないのか、否、僕だって機嫌を伺って行動はしますよ

悲しんでる人がいたら慰めの言葉をかけ、怒っている人がいたらなだめますよ

機嫌を伺うことくらいします、誰に対しても

ここで大問題なのが機嫌を伺ってくれ、それでいてかまってくれ、と

仏でもブチ切れるぞ

改めて何様だ貴様は

 

あの歌詞に共鳴する女はロクな女じゃない、絶対かなりヤバイ(偏見)

 

モンスターペアレントのボスのような母親に育てられたか、自分が大好きで大好きで仕方ない周りを見れない女に違いない

 

と、このようにグダグダとくだらない意見を言いましたがつまるところ

 

女子ってなに考えてるのか分からない

 

 

これに尽きます。

女心の分からない僕が全部悪いです、はい

 

 

 

 

 

 

はじめて浪人する人へ

はじめまして、ついこの間まで浪人してた者です。一浪です。

 

数日前に高校を卒業してこれから浪人をしようとしている人向け(主に私立文系)にこの文章を書きます。

 

その前にいくつか

早慶志望だった人を例に説明しますが、「早慶志望だけどマーチ止まりだった」という人、マーチの追加合格が回ってきた人に関してはマーチに現役で行く事を勧めます(マーチが第一志望の人は成成明学クラスにあたる)

というのも、1年やったからといって成績が第一志望合格まで伸びる保証はないです。1年やって伸びるならみんな浪人して第一志望に行ってるはずです。

更に助成金問題です。

年々厳しくなってます。

現役で第二志望合格、一浪で現役と同じ所止まりというパターンが『1年間で進歩が無かった』という客観的事実となってしまうため1番最悪だと思います。

これは避けるべきですので基本的に浪人はやめるべきです。

これは生きるための逃げです

f:id:kazu-history1600:20180317215039j:image

第一志望合格は本当に難しいです。

まじめに1年やっても届かない人なんて普通にいます。

従って私は滑り止めの大学しか受からなかった人、滑り止めすら落ちてしまった人に浪人を勧めます。

1年間やれば第二志望クラスの学校なら滑り止めになり得る人が多いです(実際多かった)

もちろん第一志望に受かるために浪人しますが、リスクの問題です。

 

本題に戻します

浪人を志した人へのアドバイスです

鵜呑みにしてしまっては困りますのであくまで一意見として考えてください。

 

まず、予備校に入るべきか否かについてですが個人的には入るべきだと思ってます。

(もちろん家の事情によって異なりますが)

理由としては予備校に行くために朝早く起きることで生活リズムが作れることが大きいです。

まめな性格で自分を律することの出来る人は予備校に行かなくても良いかもしれませんが、予備校の講師、特に浪人生を担当する講師はかなりハイレベルなため、新たな発見ができるはずですのでそういう人でも入ることをオススメします。

 

予備校にて友だちは作るべきかについては個人的には作るのが良いと思いますが友だちの質が重要です。

例を挙げるならば、お互いの模試の成績や授業で解いたテスト形式のものの点数を競って高め合う人はいると良いと思いました(ただし悪い方向へ進まないように)

私は友だちがほぼいない中で浪人してましたが比較できる人がいないのはかなりツラかったので。

 

勉強方針については予備校に通う前提で尚且つ私立文系にのみ言うと、8月頭〜半ばまではテキストの復習、つまり基礎だけやるんでも十分間に合います。

むしろ無駄にいろんな参考書に手を出す方が愚です。

この8月までは特にギアを上げるべきと思います。浪人生は寒くなりだすくらいの季節からペースが落ちがち(これは仕方ない)なので夏までにいかにやるかが重要です。

そして更に8月までに苦手科目を潰すことが大切です。

浪人前に自己分析をして何の科目のどの分野が苦手なのかを把握しておき、それを徹底的にやる。

 

過去問をいつやるか、また過去問のやり方等々は恐らく予備校講師が夏休み明けくらいに言ってくれるのでそれを参考にしてください。

 

模試について

一言で言うならば結果は気にしない。

と、言っても気になると思いますが絶対に一喜一憂しないこと。特に憂の方は厳禁。

重要なのは苦手分野を見つけることと復習をすること。

予備校の模試は精巧に作られているそうです。

というのも予備校は模試を全国の学校で受けてもらっている大きな行事(?)のようなもので威信をかけたものです。そのため問題に対して苦情が来るとマズイため解答に至るプロセスを明確にして問題を作っているそうです。(河合塾の講師曰く)

そのため良問が揃っているそうです。

そして模試の解説授業を全国の学校に行うわけにはいかないので、解説も多くの受験者に分かりやすいように丁寧にしてあるそうです。

予備校の威信をかけて作られた良問、そして詳しい解説、それが予備校の模試です。

分からないところは納得のいくまで解説を読み、分かるまで復習することが模試においては最重要です。

 

 

[余談]現代文が苦手な人

「現代文はセンスだ」なんて言われたことある人いると思いますが、 本気で考えてやれば伸びるはずです。

予備校の授業を使えば効果的に成績をあげられると私は思います

あくまで私が行った一例ですが

 

授業でやった本文を時間無制限で熟考する

本文の論旨展開を読み取り自分の言葉で要約する、文字数無制限(作文用紙に書くのがオススメ)

その要約を現代文講師に添削してもらう

まだ終わりではないですが、以上の流れで現代文を復習するのがオススメです。

この後は理解を深めたその文章を何度も声に出して読むのが大切だと思います。

理解しながら本文を何度も読むことで定着させ、言語経験値を積むことで現代文の苦手意識を払拭できるはずです。

 

 

 

 

そして、浪人中に本を読むことをオススメします。

新書、文豪の作品あたりです。

新書はザックリですが、あなたが面白そうと思ったものでためになりそうなものでいいです。

文豪の作品も有名な人の聞いたことのある作品くらいのものを読むので十分です。

双方に重要なのはしっかりと理解しながら読むことです。

受験勉強という決められた範疇のものを超えた知識に出会えると思います。(新書は小論文のネタに、文豪の作品は近代文語文を出題する大学の対策にもなります)

 

 

浪人を志望校合格のため現役時と同じことの勉強を繰り返す期間ではなく、新たな知識を得て(受験勉強に関すること以外も含め)自分自身を総合的にレベルアップさせる期間とする方が長い目で見た時にプラスだと思います。

私の場合はポピュリズムについての新書と憲法改正についての新書、谷崎潤一郎太宰治等の新書を読みました。難解でしたが得るものは多く、考えさせられました。現役の時には本が嫌いだったけれど浪人してその考えを改めることができ、社会問題や環境問題に関心を持つようになりました。個人的には大きな進歩です。

 

 

これから浪人をする人には現役時ではやれなかった、してこなかったことを行って1年間で何かプラスのものを得て、そして第一志望合格を勝ち取って欲しいと思います。

そしてこれを読んで少しでも浪人の助けになったと思ってくれる人がいたら本当に嬉しいです。

 

その他に質問等がもしあるようでしたら

Twitter]@shimanto_cook   のDMにください。